FC2ブログ

【畝傍山、二上山遠望】

今にも降り出しそうな低い雲の間から弱い太陽の光が見え隠れする中
飛鳥歴史公園、甘樫丘展望台からの眺め。
天候のせいか山頂は貸切り状態、湿度が高いので蚊が多くて早々に引き上げた。
20180909003.jpg
09:44 | 日々の記憶 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

【ならまち遊歩】

日が沈んでからの方が少しは涼しいかと「ならまち遊歩」へ出かけた。
ネットで見る限り提灯が道行く人を優しく照らし
夏の終わりの風情を演出しているように見え期待を膨らませてくれた。
軒下には提灯が吊るされ灯がともされると、細い路地の町屋の格子が
ほのかな明かりによってぼんやりと浮かび上がる様は
歴史を感じさせる奈良のローカルな風情。
ただ案内地図の文字が小さいのと薄暗い中なので読みにくく
目的の店まで到着できなかったのは心残り。
それでも夕涼みを兼ねてるらしい多くのカップルが楽しそうに腕を組み
散策している様にすれ違う度に提灯の薄明かりの影が流れた。    おさむ
20180825002.jpg20180825005.jpg


09:09 | 日々の記憶 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

【京の思い出はかき氷】

南禅寺から哲学の小径を経て銀閣寺へ。そのころには二人とも汗びっしょり。
銀閣寺のすぐ前に「かき氷」の旗がつるされた昭和の匂いが残る小さなお店に入って
いちごと宇治ミルク。美味しいね以外の言葉はなくただ無言で一気に器を空にした。
本当に飾りも何もない店の壁の五山の送り火のポスターが妙に気になった。
「いままで夏でもかき氷は食べたこと無かったけど昨日のは本当に美味しかった」
あくる日の朝、ポツンと言った一言が嬉しかった。  
おさむ  憲法9条をこよなく愛する一人
20180810006.jpg
10:23 | 日々の記憶 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

【酷暑の連休】

岐阜、京都など、地域によっては40℃近くの高温が予想される3連休の二日間、
上高地、新穂高山頂展望台へ行ってきた。
少し歩けば汗ばむ陽気だったが、湿度が低いためか実にさわやか。
木々の緑も鮮やかさを増して心地よい。
「景色の良いところ」の一言から信州に・・・宿は慌てて予約した奥飛騨温泉郷。
何度か訪れてる信州だが今回は特別な、いつまでも記憶に残る素敵な旅
おさむ   憲法9条をこよなく愛する一人
20180714001.jpg
20180715007.jpg

09:37 | 日々の記憶 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

【記憶の底に残る夏】

何度となく日常の風景のように夏を迎えてきた。早朝からの蝉の鳴き声に目覚め
強い日差しに肌が悲鳴を上げ、積乱雲の白さに心奪われた夏の一日。

何度も何度も暑い夏を迎えては過ぎ去って行ったけど・・・
今年は2度目の記憶の底に深く深く残る2018の夏
20180709001.jpg
18:45 | 日々の記憶 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑